学校・教育機関向けに新たに開発した「Ai GROW」は、生徒・学生の能力と可能性に加え、さまざまな教育活動の教育効果を可視化。カリキュラム・デザインやクラス・マネジメント、就職までを見据えた進路指導などに幅広くお役立ていただけます。

ニュース

「就職人気ランキング」上位企業を中心に導入が急増する適性検査を学校教育現場へ

About Aigrow

生徒・学生の能力と可能性を正確に把握。
その後に必要な教育まで提案することが可能です。

Ai GROWが評価・分析できるデータ

気質(潜在的な性格)

気質を示す代表的な特性5因子論「BIG5」を利用。5つの根源的特性の高低によって個人の潜在的な性格を診断。これにより、個人の成長ポテンシャルの可視化に加え、最適な学習スタイルやグルーピング、学習の動機付けなどを提案することが可能になります。

Data Big5

2種類のテストを組み合わせて実施。組み合わせによる時間差・指の軌跡・間違いの回数などを基に気質を判定します。

Data IAT

国際機関でも採用されている診断方法IAT(Implicit Association Test)を採用。ゲーム感覚で表示される項目を指でタッチしながら分類していきます。

コンピテンシー

グローバル社会で活躍するために必要とされる25のコンピテンシーを分析。リアルタイムで360度分析を行うことが可能です。

受検者は自己評価に加えて友人などに他者評価を依頼。他者評価を加えた360度評価によって、受検者のコンピテンシーを正確に計測します。

Data Competency

表現力や創造性をはじめとする25のコンピテンシーの他、主体性やリーダーシップ、他者と協働して課題を発見・解決するために必要とされる3つの思考力(批判的思考力、創造的思考力、協働的思考力)など、可視化・定量化できる能力は多岐にわたります。

受検のステップ

受検はわずか3ステップ。スマートフォンまたはタブレットで実施します。40~50分で完了するため、通常授業以外にもLHRや「総合的な学習の時間」などで実施することが可能です。また、受検対策が不可能なため、一斉に受検を行う必要はありません。

Step 01

STEP1

性格診断

性格診断は初回の受検のみ。2回目以降はコンピテンシーの自己・他者評価のみとなります。

Step02

STEP2

コンピテンシー自己評価

Step03

STEP3

コンピテンシー他者評価

他者評価の重要性

非認知能力は自己評価が高くなることが多く、自己評価だけでは正確かつ客観的な評価は困難。「Ai GROW」は、自己評価に3名の他者評価を加えることで、自己評価だけでは得られない正確な測定結果を導き出します。また、他者評価をスコアリングする際、AIを活用してデータ補正や信頼性スコアの算出を行うことで受検結果の信頼性を高めています。

生徒・学生が活躍する多様な他者と対話・協働するグローバル社会では、前提として自分と他者の差異を認識することがとても重要です。そのための準備を行う意味でも、他者評価は重要なステップだといえます。

「評価者を評価」評価データの補正

全体的にやさしい評価をする⼈、厳しい評価をする⼈など、評価者の傾向に合わせ、評価をどの程度調整する必要があるか「評価者を評価する」モデルを構築し、AIがデータ補正を行います。

「信頼性スコア」の算出

「評価の実施⽇時」「回答にかかるまでの時間」「評価の得点」などをログとして記録し、作為的な評価が⾏われている状況や特徴を抽出し、AIが信頼性のあるスコアを算出します。

無料トライアルのお申し込み・お問い合わせ